なんといっても事業用の車両が好き
*
ホーム > ピックアップ > 最強のスプレッド

最強のスプレッド

「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を売り買いして収益を得る投資です。

価格は二十四時間動いています。

 

これが為替レートです。

http://komayuu.seesaa.net/

テレビのニュースをみていると外貨の情報が流れる時があります。

 

たとえば、「現在の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を意味するのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを示しています。

 

要するに、トレードには買いと売りの2個の値段があるという事です。

 

売値、買値の事を別の言い方で表しているFX取引会社もあります。

 

平常時には売値が買値よりも小さくなっています。

 

自分が買値は高く、売値は低くなります。

 

この差をスプレッドといいFX会社の収益のひとつとされています。

 

スプレッドの幅は会社によって異なります。

 

スプレッドの幅は利用者にとって手数料になるので、小さい取引会社を選んだほうが得します。

 

ただし、場面に応じてスプレッドの狭さは拡大したり、縮小したりします。

 

もし通常は円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドの差であるとしても為替相場の動きが大きい状況では広くなったりする場合があります。

 

そのため、スプレッドの広さが狭いのと共に、変化しない事が不可欠です。

 

現在では動かないスプレッドの差を見せる業者もいくつも存在します。

 

現実に取引業者の売買画面内で実際の為替相場を確認しなければ判別できないので手間がかかりますが、大事な事です。

 

多くのお金を投じて売買するのだから、エントリーの前に興味を持ったFX取引会社の新しい口座開設を遠慮せずにして、提示されているスプレッド幅を実感しましょう。

 

同じ通貨の組合せ為替相場の変動率(ボラティリティ)によって通貨のスプレッド幅は異なることがあります。

 

おおむね、銀行間取引市場で取引量の多い、流動性の高い通貨ペアではスプレッドの幅が小さく、別のペアではスプレッドの差が広くなる事があります。

 


関連記事

楽天での買い物をクレジットカードでしたときの時間
じっくり比較して購入できるのがネットショッピングの利点ですが、欲しいときにすぐ手...
五洋インテックスでカーテンのタッセルを探す
朝起きてカーテンを開けると光が差し込んで気持ちがいいですよね。起きてこれから動く...
最強のスプレッド
「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を売り買いして収益を得る投資です。 価格...